カテゴリー

作品紹介『スプーン』

2006年5月17日自作小説紹介・後書きとか神楽堂

【作品紹介】
大切な思い出…
楽しい思い出、嬉しい思い出、哀しい思い出…それがどんな形であれ…

 

しかし、年月は、そんな思い出を忘却に運んでいきます。
それが、例え大切な思い出であっても…

 

ですが、本当に大切な思い出だけは…

作品を読む>>『スプーン』

【後書きみたいなもの】
キーワード小説、第2弾です。

 

これを書いた当時は、少々やさぐれていました。
そのせいか、この作品の主人公である少年もやさぐれ気味のような気がします。
作品とは、作者を映す鏡みたいなものですね、ははは…(乾いた笑い

 

子供の頃は、結構、病弱だったので、たまに高熱を出してうなされました。
こういう時というのは、面白いことに、夢と現実がぐっちゃになってきます。
熱で頭がぼーっとしているからなのでしょうが、これが中々ぐちゃぐちゃで、寝ているのか起きているのか分からなくなってしまいます。
自分の葬式を夢に見たときは、死んで幽霊になったのかと思ってましたが…とりあえず今のとこ元気です。
そのせいという訳ではないのでしょうが、現実なんだけどだんだん非現実との境界がなくなっていくような感じの小説が、結構好きです。
この作品もそんな感じに書けたらと思い書き出したつもりなのですが…、どんな感じに出来上がったのかは、読んで確認して頂ければ幸いです。

Posted by ともやす