カテゴリー

初心者でも分かるWordPressブログを引っ越す方法

ブログについてブログ引越し, 初心者でも分かる

引越し元、引越し先のどちらもXserverのWordpressが前提ですが、
以下の引越しのパターンについての方法です。

  • 別のサーバへの引越し方法(ドメインは同じ)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のドメインへへ変わる場合)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)
  • 同じサーバ内で、別のドメインへ引越す方法
  • 同じサーバ内で、別のサブドメインへ引越す方法

 

WordPressの記事や画像を他のWordpressに引っ越す

以下の引越しパターンで行います

  • 別のサーバへの引越し方法(ドメインは同じ)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のドメインへへ変わる場合)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)
  • 同じサーバ内で、別のドメインへ引越す方法
  • 同じサーバ内で、別のサブドメインへ引越す方法

同じサーバ、別のサーバに関わらず、引越し先のドメイン名、サブドメイン名に合わせて、ブログ内のリンクも書き換えてくれるので、記事や画像を引っ越すだけならこれで大丈夫です。

詳しくは、こちらのサイトが参考になりました。
たった3ステップでサイトの引っ越しが完了するプラグイン「All-in-One WP Migration」が簡単すぎ!

ただ、これだけだと二つのWordpressに同じブログが公開されているだけです。

ここから先は、引越しのパターンによって、やるか、やらないか分かれるので、対応するパターンの方法だけ行います。

 

引越し元のサーバのDNSからドメインを削除する

以下の引越しパターンで行います。

  • 別のサーバへの引越し方法(ドメインは同じ)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)

同じドメインを引越し元と引越し先で両方あると重複してしまうので、引越し元のDNSからドメインを削除する必要があります。
サブドメインが変わる場合でも、ドメインは同じなので、引越し元のDNSからドメインを削除します。

詳しくは、こちらのサイトの「2.現サーバからドメインを削除する」が参考になりました。
XSERVER内で別サーバにドメインを移行する手順

 

引越し先のサーバのDNSへドメインを追加する

以下の引越しパターンで行います。

  • 別のサーバへの引越し方法(ドメインは同じ)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)
  • 同じサーバ内で、別のドメインへ引越す方法

引越し先のサーバ(サーバが変わらない場合は、同じサーバ)のDNSへドメインを追加します。

詳しくは、こちらのサイトの「3.移行先サーバにドメインを追加する」、「5.DNS反映を待つ」が参考になりました。
XSERVER内で別サーバにドメインを移行する手順

 

引越し元ブログを見に来たユーザを引越し先へ自動転送する

以下の引越しパターンで行います。

  • 別のサーバへの引越し方法(別のドメインへへ変わる場合)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)
  • 同じサーバ内で、別のドメインへ引越す方法
  • 同じサーバ内で、別のサブドメインへ引越す方法

引越しした場合、ドメインが同じだとDNSが更新されたタイミングで、引越し先を見に来るように変わりますが、
ドメインが異なる場合、自動転送の設定を行わないと、いつまで経っても引越し元のブログを見に行ってしまいます。

引越し元ブログに引っ越しました記事を書いて、引越しした事に気づいた人だけ、引越し先に来れるようにするのも方法の一つですが、見に来た人を自動的に引越し先に転送する設定があります。

詳しくは、こちらのサイトの「サイト(ブログ)全体をリダイレクトさせる」が参考になりました。
WordPressでURLを別のURLにリダイレクト(301リダイレクト・自動転送)する方法 | まろろぐ

但し、設定後は、引越し元ブログの管理画面に入ろうにも転送されてしまうので、引越し元ブログへの必要な作業は全部終わらせてから、転送設定をした方が良いです。

 

アクセス解析、アフェリエイト、google Adsenseなど引越し元アドレスで登録しているものを引越し先アドレスに変更する

以下の引越しパターンで行います。

  • 別のサーバへの引越し方法(ドメインは同じ)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のドメインへへ変わる場合)
  • 別のサーバへの引越し方法(別のサブドメインへ変わる場合)
  • 同じサーバ内で、別のドメインへ引越す方法
  • 同じサーバ内で、別のサブドメインへ引越す方法

 

google Search Consoleを変更する

google Search Consoleにログインして、
引越し元アドレスの変更が行えないので、引越し先のアドレスを「プロパティの追加」で追加します。
追加する際に「確認用ファイル」をダウンロードして、引越し先にアップロードする必要があります。

引越し元アドレスについては、「プロパティの削除」で削除します。

 

Google アナリティクスを変更する

Google アナリティクスにログインして、
[管理 > プロパティ設定 > デフォルトの URL]にある引越し元アドレスを変更します。

 

引越し元ブログをいつまで残すのか

引越し元をいつまで残すのかですが、更新が必要(お金がかかる)などの理由がなければ、最低でも数ヶ月は残しておいても良いと思います。

Posted by ともやす